2011年11月21日

午後3時の祈り

F1000587.jpg20100621171211.jpgF1000641.jpgF1000533.jpgF1000543.jpg
アトムが永眠して、今日で一週間…
息をひきとった時間である午後3時には、
アトムのおやつと、
新しい水を供えて、静かに手を合わせて祈りました。

アトムが息をひきとる時、
私が見ていたのは、アトムの口でした。
くちびるが、縮むように閉じていき、息がなくなりました。
その後の記憶が、あまりなく、何をどうしていたのか…
ただただ、泣いていたのだと思います。

アトムの生前最後の写真は、やはり寂しそうで、
別れが近いことを知っていたかのようでした。
それでも、思い出すのは、
ニンマリした幸せ笑顔のアトムです。
どんなに苦しい状況の時も、
アトムの笑顔が、全てを洗い流してくれました。
今も、心が洗われます。
ありがとう、アトム!
幸せを、ありがとう!!

アトムへの祈りを捧げた後、夕方、雷が鳴り、
西の空が赤く染まりました。
アトムが、また、泣いてしまった私に、
エールを送ってくれたような気がしました。

何度も、本当にありがとうございました(^人^)
posted by ミカママ at 22:13| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいと思うのは、アトムは希望の星となって
限界ぎりぎりまで生きたということ。
何度もダメかなという危機を脱して
わたしたちに心配の種をまかずに
ほんとうにぎりぎりまでがんばって
天国へ移住した、アトムの気持は
わたしも一生宝物です。
最後の写真もまさかこの後逝ってしまうなんて
思いもせずに写したのだからほんとに
大した犬だったね。アトム、大丈夫だよ、
ミカママは元気になって来たからね、
でも時々は天国から降りてきてミカのそばに
いてあげてください(*^。^*)
Posted by ミチル at 2011年11月22日 00:03
ミチルちゃん、本当に、大きな大きなご心配を、また、
おかけしてしまいましたこと、どうかお許しくださいm(_ _)m
今も、1日に何回か、アトムを呼んでしまいます。
それは、間違えて、息子を呼ぶ時だったり、
時には、アトムの気配を感じた時…
やっぱり、アトムは、いつも寄り添っていてくれるのですね。
昨日の夕焼けが、アトムの応援だったのなら、
私は、アトムの応援を、しっかり受け止めて、
また、ハートを赤く燃やして、前進していかないとね('-^*)ok
ミチルちゃんのエールにもね☆
本当に、ありがとうございます!
Posted by ミカママ at 2011年11月22日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236336738

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。